+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

ゴマリグナン

◎ゴマリグナンに期待される効果◎
血中コレステロール降下作用、肝障害予防、ガン予防 等

ゴマリグナンとは

ゴマリグナンとは、ゴマに含まれる抗酸化成分の総称です。セサミン、セサモール、セサミノール、セサモリノール、セサモリン、ピノレジノールなどがあります。特にセサミンは肝臓で良く働き、胡麻の繊維質が分解されてできるリグナン類の一種です。

ゴマリグナンの効能・効果

ゴマグリナンには、善玉コレステロールの増加を促進し、悪玉コレステロールの増加を抑えます。また肝臓で大量発生する活性酸素を撃退し、肝機能の低下を防ぐ血中コレステロールを下げる作用、アルコールによる肝障害を予防したり、二日酔いや悪酔いを予防する作用、乳ガンを予防する作用などがあります。

ゴマリグナンご利用上の注意点

ゴマは栄養豊富な食物ですが、まれにゴマアレルギーを起こす場合があります。アレルギー症状が激しくでる人はアナフィラキシーショックを起こすこともあるので注意しましょう。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.