+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

ガルシニアカンボジア

◎ガルシニアカンボジアに期待される効果◎
タイエット効果他

ガルシニアカンボジアとは

スポンサードリンク
ガルシニア・カンボジアとは、インドなどの南アジアに自生するオトギリソウ科の果樹で、別名をタマリンドといい、昔からカレーの香辛料や民間薬として利用されてきました。ガルシニア・カンボジアについては、抗肥満効果についての研究が進められ、有効成分と、そのしくみが明らかにされ、ダイエット食品に利用されるようになりました。
また、カレーの香辛科としてタマリンドの果実も輸入されているので、これでカレー料理をつくってもよいでしょう。
アメリカでは食事療法と合わせて滅量療法に利用され、効果を上げています。日頃から体脂肪が気になる人にうれしいサプリメント成分でしょう。

ガルシニアカンボジアの効能・効果

ガルシニア・カンボジアガルシニア・カンボジアは、果実の皮に含まれるヒドロキシクエン酸が有効成分で、脂肪の合成を阻害するはたらきがあります。
糖質をとると、ブドウ糖に分解されて筋肉に運ばれ、そこでエネルギーになりますが、エネルギーの摂取量が消費量より多い場合、余ったブドウ糖はグリコーゲンに変換されて貯蔵されます。それでも余る分は、脂肪となり体内に蓄慣されていきます。これが肥満です。
ヒドロキシクエン酸は、余ったプドウ糖がクエン酸→アセチル補酵素A→脂肪と変換される過程のなかで、アセチル補酵素Aへの変換を阻害し肥満を予防します。また、からだに必要な脂肪酸ができるのも同峙に阻害します。ですので、体内に蓄積されている体脂肪が分解されて使われることになり、肥満の改善に効果的なのです。また、食欲も抑制されるので自然と食べる量も滅るという副次的な効果も期待できます。
ガルシニア・カンボジアは、果実から抽出したガルシニアエキスあるいはヒドロキシクエン酸をほかの素材と合わせて、ダイエットのサプリメントなどに利用されています。HCAと表示されることもあります。

ガルシニアカンボジアご利用上の注意点

一般の食物に近い成分なので副作用などはありません。しかし、どの食品にも言えることですが、過剰摂取には注意しましょう。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.