+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

フェヌグリーク

◎フェヌグリークに期待される効果◎
コレステロール低下作用、血糖値抑制作用、脂肪除去作用

フェヌグリーク

スポンサードリンク
フェヌグリークとは、西アジアやヨーロッパ地方が原産とされるマメ科の一年草で、和名としてコロハとも呼ばれています。地中海地方が原産地で古くから中近東、アフリカ、インドで栽培され食用や薬用に用いられてきました。フェヌグリークの種子には、タンパク質、サポニン、食物繊維などが豊富に含まれています。
フェヌグリークはカレーの主原料で、カレーの香りのもとになっている植物です。スパイスや種子を食用に利用する場合が多いです。

フェヌグリークの効能・効果

フェヌグリーク(コロハ)フェヌグリークの種子に含まれているガラクトマンナンという成分の働きによって、糖質が腸内から吸収されるのを阻害するため、血糖値の上昇を抑える働きがあるとされています。また、フェヌグリークの種皮に含まれているサポニンが、血管内の脂肪を除去したり、コレステロールを低下させる働きがあるといわれています。

フェヌグリークご利用上の注意点

基本的には安全であると言えますが、毎日100グラムを越える重さのフェヌグリークの使用は、腸の不快感や吐き気の原因をもたらす場合があります。また、フェヌグリークは潜在的な子宮への刺激的な特性により流産を引き起こすかもしれないので、妊娠中の使用は避けて下さい。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.