+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

エラグ酸

◎エラグ酸に期待される効果◎
美白効果、抗酸化作用、アンチエイジング効果 等

エラグ酸とは

スポンサードリンク

エラグ酸は、赤ラズベリー、ゲンノショウコ、ユーカリ、ヒシなどの果物や木の実の中で自然に造られる活性酸素に対する抗酸化作用があるとされるポリフェノールの一種です。
エラグ酸は、ラズベリー・レッド(赤ラズベリー)に最も多く含まれており、細胞の突然変異や発ガン物質を抑え、ガンを抑制する力を持っています。
エラグ酸は、1996年に美白成分として医薬部外品の主剤の指定を受けています。

エラグ酸の効能・効果

エラグ酸には、強い抗酸化作用があり、細胞の老化を抑制し、がん化を防ぐ効果があるとされています。また、血中のコレステロールや過酸化脂質を低減して、肝臓の機能を強化したり、高血圧、糖尿病、高脂血症、動脈硬化などの予防に効果があるとされています。
エラグ酸には、メラニン抑制効果もあるので、美白化粧品などにも利用されています。
エラグ酸は植物成分であり、安全性と強力な美白作用を兼ね備えていることから、各化粧品メーカーが開発に力を注いでる、今最も注目を集めている成分といえるでしょう。

エラグ酸ご利用上の注意点

 -

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.