+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

エゴマ

◎エゴマに期待される効果◎
脳梗塞の予防・改善、心筋梗塞の予防・改善、高血圧・高脂血症の予防や改善、アレルギー反応と炎症の緩和、アトピー性皮膚炎・アレルギー性疾患の緩和、生理痛の緩和、乳がんの発生を抑制、脳の老化、痴呆の防止、知能指数の向上、視力改善、がん予防、精神的抑鬱効果、ダイエット効果 等

エゴマとは

スポンサードリンク

エゴマとは、東南アジア原産のシソ科の一年草で、東アジアで食べ物として栽培されている植物です。エゴマはゴマの仲間とよく間違われますが、実はシソと学名が同植物です。日本ではじゅうねん(東北)、えぐさ(長野)、あぶらえ(岐阜)などと呼ばれ、昔は全国に、今は高冷地を中心に作られている雑穀であり、油脂性の植物です。
食べ方がゴマとよく似ていますが、エゴマの成分・効能はゴマとは全く違います。なぜならエゴマにはアルファ・リノレン酸という健康によい油が60%以上も含まれていますが、ゴマにはそれがほとんどないからです。
αリノレン酸とは、体内で合成することが出来ない必須脂肪酸のひとつで、肥満や動脈硬化の予防、アレルギー症状の緩和に効果的といわれている成分です。α リノレン酸を摂取すると、体内でエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)に変わります。αリノレン酸が多く含まれている食品は、エゴマ油(シソ油)、亜麻仁油などがあります。また、サプリメントでもカプセルタイプのものや錠剤など様々な製品が販売されています。

エゴマの効能・効果

エゴマに含まれるαリノレン酸が、血液をサラサラにして脳梗塞や心臓病の原因となる血栓を作りにくくします。また末梢血管を拡張する働きがあるので、血液の循環を促進し冷えの改善にもつながります。さらに、体内で代謝されてDHAやEPAに変わり、脳や網膜の神経細胞に作用させて老化やボケを予防したり、脳の活動を活発にしたり学習能力を向上させる働きをします。
アラキドン酸からプロスタグランジンという発ガン物質の生成を阻害します。さらに免疫力を向上させます。

エゴマご利用上の注意点

特に副作用は認められていないようです。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.