ま行一覧

NO IMAGE

マイタケ

マイタケは、サルノコシカケ科に属する唯一の食用キノコです。1980年代に人工栽培に成功し、日本では主に食用として普及しました。マイタケの薬理研究は、1980年代より日本国内外の研究機関で行われるようになり、米国においてマイタケ抽出物のD-フラクション、グリスリンの働きが確認されています。

NO IMAGE

マカ

マカは、人参と大根に近いアブラナ科の根菜類で栄養価が非常に高く、ペルーではアンデスの人々に、慢性疲労や滋養強壮用に効く天然産物として親しまれてきました。最近では、マカはインポテンツ・不妊症・精神薄弱症の研究材料に使われている貴重な植物です。

NO IMAGE

マグネシウム

マグネシウムは骨や歯の形成に必要な栄養素で、カルシウムやリンとともに骨をつくっているミネラルです。マグネシウムが不足すると骨から遊離して、神経の興奮を抑えたり、エネルギーをつくる助けや、血圧の維持などの重要な働きに利用されます。

NO IMAGE

マスティック

マスティックには胃潰瘍や胃ガンなどの発生に関わっているとされるピロリ菌を減少させ、胃腸の調子を整える効果があります。また、口臭予防や歯周病予防、血圧降下、コレステロール値の低下などにも効果があるとされています。

NO IMAGE

マリアアザミ

マリアアザミの種子から抽出される「シリマリン」が、慢性肝炎、肝硬変、肝脂肪、虚血性肝臓障害等の症状改善や肝細胞の再生に効果を示し、胆管炎、胆汁排泄障害、胆石に有効な作用があると報告されています。

NO IMAGE

ミノキシジル

ミノキシジルは、頭部のてっぺんの薄毛に対して効果がある医薬品で、もともとは血管を拡張し、血圧を下げる効果のある薬として、1970年代からアメリカでよく使われていましたが、ミノキシジルの副作用で多毛症になる人が多かったことがヒントとなって研究が進み、脱毛症に効果があるということがわかったのです。

NO IMAGE

目薬の木

メグスリノキ(目薬の木)とは、日本にだけ自生する珍しい植物で、四国、九州などに広く群生しているカエデ科の落葉樹です。メグッスリノキは、千里眼の木、長者の木、花楓など様々な名称で呼ばれています。

NO IMAGE

メシマコブ

メシマコブは、昔から漢方として使われていて、胃痛、下痢など様々な症状に良いとされています。

NO IMAGE

メラトニン

メラトニンは松果体から分泌されるホルモンで、神経内分泌系の調節を担っています。その最も重要な役割は睡眠周期の調節であり、Jet-Lag(時差ぼけ)に非常に有効である事から有名になりました。その他には代謝、性行動、食欲等多くの機構に関与しており、特に免疫賦活作用や抗酸化作用により“抗加齢サプリメント”として有名です。