は行一覧

NO IMAGE

ビタミンB6

ビタミンB6は、皮膚の健康に多く関わっているため、別名『皮膚のビタミン』とも呼ばれています。ビタミンB6は神経系にも関与し、欠乏するとうつ病や、無気力、貧血の原因にな り、肌荒れや鼻・口・眼の周りに皮膚炎を起こしたり、ニキビや吹き出物が出来や すくなります。

NO IMAGE

ビタミンC

アスコルビン酸には、メラニンの抑制やコラーゲン合成の促進、抗酸化作用などさまざまな働きを促進しますが、直接人間の体内では作り出すことができない成分ですので、ミカンやレモンなどの柑橘類、キウイ・いちご・メロンなどの果物や野菜類など食品類や、サプリメント、化粧品などから摂取する必要がります。

NO IMAGE

ビタミンD

ビタミンDは、体内でのカルシウムやリンの吸収を調節し、骨・歯の発達と成長に不可欠な脂溶性ビタミンで、不足すると、成人では骨軟化症、子供ではくる病の原因となり、また、閉経後の女性・高齢者は骨粗鬆症になりやすくなる。他にも貧血、食欲減退、不眠、肩こり、 腰痛、抜け毛、動脈硬化などの症状を引き起こすことがあります。

NO IMAGE

ビタミンE

ビタミンEは、もともと不妊に効果のある物質として発見され、その別名をトコフェロールといいます。現在では、抗酸化作用・ホルモンバランス調整作用・血行促進作用などが明らかになっており、カラダの老化を防ぐ「若さのビタミン」として、近年特に脚光を浴びています。

NO IMAGE

ビタミンH

ビタミンHは、ビタミンCの合成や、糖質・脂肪・たんぱく質の代謝に必要なものです。ビタミンHの主な効果としては、皮膚の健康を保つ、筋肉痛を和らげるなどが挙げられます。他にも、白髪になるのを防いだり、抜けにくい髪の毛を作ったりと、髪の毛で悩んでいる人にはとても嬉しい効果を持つビタミンです。

NO IMAGE

ビタミンK

ビタミンKの主な働きとしては、出血した時に血液を固めて止血する因子を活性化する役割をします。また、骨の健康維持にも不可欠で、骨にあるたんぱく質を活性化し骨の形成をうながすことも知られています。このため、ビタミンKは骨粗しょう症の治療薬としても使われています。

NO IMAGE

ヒト成長ホルモン

ヒト成長ホルモン(HGH)とは人間の体内で生成されるホルモンのひとつで、ヒト成長ホルモン(HGH)の効能は実に多岐にわたり、身長を伸ばす、骨や筋肉をつくる、アンチエイジング(若返り)、脂肪の代謝、に大変有用な成分です。

NO IMAGE

姫マツタケ

姫マツタケは、アガリクス(ハラタケ属)に分類され、ハラタケ属には姫マツタケを含めて32種類の茸があり、それぞれ固有の成分や特性を備え、抗ガン剤等への応用が期待されています。

NO IMAGE

ビルベリー

ビルベリーは、目に優しいハーブ、視力維持や眼の健康に役立つと言われています。アレルギーなどの眼のかゆみが緩和されます。収斂作用、結膜炎といった感染症の緩和から、花粉症の時の目の痛みやカユミにも有効であるといわれています。その他、副鼻腔炎や喉の痛みなどにもその症状の緩和のために使用されています。

NO IMAGE

フーカス

フーカスには、ビタミンやミネラル類、フコイダンなどが多く含まれていて、非常に栄養価が高いと言われ、注目されています。免疫力の向上や老化の予防、動脈硬化の予防、脳卒中の予防などに効果的とされていて、雑誌やテレビなどでも話題になりました。サプリメントでも色々なものが出ています。