+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

ビタミンK

◎ビタミンHに期待される効果◎
血液の凝固作用を助ける、骨を丈夫にする 等

ビタミンKとは

スポンサードリンク
ビタミンKは、正常な血液の凝固を促す脂溶性ビタミンです。ビタミンKには緑黄色野菜に含まれる「K1」と微生物による合成から作られる「K2」があります。「K2」は納豆に多く含まれ、体内の腸内細菌からも作られます。

ビタミンKの効能・効果

ビタミンKは、通常、腸内細菌によって体内で合成されるうえに、いろいろな緑黄色野菜にも多く含まれるため不足する事は少ないです。ただし、抗生剤を長期間飲み続けている人や新生児では、体内の腸内細菌からの供給が不足するためビタミンKが欠乏しやすくなります。
ビタミンKの主な働きとしては、出血した時に血液を固めて止血する因子を活性化する役割をします。また、骨の健康維持にも不可欠で、骨にあるたんぱく質を活性化し骨の形成をうながすことも知られています。このため、ビタミンKは骨粗しょう症の治療薬としても使われています。
ビタミンKが不足すると出血の時に血が止まらない、鼻血が良く出る、骨 がもろくなる(骨粗鬆症)、新生児の出血、大腸炎、下痢、痔核、流産、 青あざ、歯茎からの出血、生理の量が多い、疲れやすくなるなどの症状があらわれることがあります。

ビタミンKご利用上の注意点

ビタミンK1及びK2は、大量に摂取しても毒性がないことが報告されています。しかし、合成品であるビタミンK3は人体に悪影響を与えるため使用が中止されています。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.