+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

ビタミンD

◎ビタミンDに期待される効果◎
カルシウムとリンの吸収促進、血液中のカルシウム濃度保ち丈夫な骨をつくる 他

ビタミンDとは

スポンサードリンク
ビタミンDは、体内でのカルシウムやリンの吸収を調節し、骨・歯の発達と成長に不可欠な脂溶性ビタミンである。ビタミンDの先駆体であるプロビタミンDと呼ばれる物質があり、これが太陽光線中の紫外線に当たるとカルシフェロール(ビタミンD)に変わります。これにより人体に必要な量の50%を作り出すと言われています。 ビタミンDには、植物食品に含まれる「D2」と動物食品に含まれる「D3」の2種類があります。
ビタミンDが不足すると、成人では骨軟化症、子供ではくる病の原因となり、また歯を支える骨が弱ったり、閉経後の女性・高齢者は骨粗鬆症にな りやすくなる。他にもビタミンD不足が貧血、食欲減退、不眠、肩こり、 腰痛、抜け毛、動脈硬化などの症状を引き起こすことがあります。
ビタミンDは、骨や歯の成長を助け、骨粗鬆症や老化を防ぐ。ビタミンAやCと共に風邪を予防し、神経組織の安定と心臓の働きを正常に保つ働きをします。
ビタミンDは、幼児・妊婦・授乳婦・高齢者・歯や骨が弱い人・骨粗しょう症の予防をしたい人などに特に必要となる成分です。

ビタミンDの効能・効果

ビタミンDは、紫外線によって生成され、肝臓、腎臓を経て活性型ビタミンDに変化します。この活性型ビタミンDは、腸管でカルシウムの吸収率を高めるほか、血液中のカルシウムイオン濃度を一定に保ち、骨の形成を助けます。また、カルシウムが不足すると、骨や歯に貯蔵されているカルシウムを血液中に溶出させカルシウムの血中濃度を調節する働きもあります。このようにビタミンDはカルシウム代謝を調節するホルモンの一種として考えられているため、骨粗鬆症患者の治療薬としてして活性型カルシフェロールが利用されます。子供の時からカルシウムとビタミンDをしっかり摂取しておくと、大人になってから虫歯が出来にくくなります。最近では、がん化しかけた細胞を正常化する働きも認められています。

ビタミンDご利用上の注意点

ビタミンDのとり過ぎは、高カルシウム血症などの過剰症をまねくおそれがあります。通常の食事から過剰症になることはほとんどありませんが、サプリメントや薬などから誤って大量摂取しないように注意が必要です。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.