+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

ビタミンB6

◎ビタミンB6に期待される効果◎
タンパク質や糖質、脂肪を適切に吸収する、妊娠時のつわりの軽減、脂肪肝を防ぐ 等

ビタミンB6とは

スポンサードリンク

ビタミンB6は、皮膚の健康に多く関わっているため、別名『皮膚のビタミン』とも呼ばれています。また、ビタミンB6を活性化させるためには、ビタミンB2が必要です。ビタミンB6が欠乏すると、ナイアシンも欠乏します。ビタミンB群には相助作用があるため、個々に摂った時よりも全部一緒に獲った時の方が効果が大きいです。

ビタミンB6の効能・効果

ビタミンB6は神経系にも関与し、欠乏するとうつ病や、無気力、貧血の原因にな り、肌荒れや鼻・口・眼の周りに皮膚炎を起こしたり、ニキビや吹き出物が出来やすくなります。
ビタミンB6はタンパク質や糖質、脂肪を適切に吸収し、さらに脂肪肝を防ぐ働きがあるので、お酒をよく飲む人に効果があります。また、女性には特に必須のビタミ ンとされ、月経前の女性特有の体のだるさや頭痛、妊娠中のつわりなどを軽減する働きがあります。

ビタミンB6ご利用上の注意点

ビタミンB6を大量に摂取しても健康の障害になるような過剰症はないとされています。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.