+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

ビタミンB2

◎ビタミンB2に期待される効果◎
過酸化脂質の生成阻害、コレステロールや中性脂肪の低減作用、目の疲労の軽減 等

ビタミンB2とは

スポンサードリンク

ビタミンB群本来の大きな特徴ともいえる、補酵素としての働きが特に明確なのが、ビタミンB2です。ビタミンB2は、リボフラミンとも呼ばれています。

ビタミンB2の効能・効果

ビタミンB2は、成長に欠かせないエネルギーの代謝や、多くの栄養素の代謝に関係しているフラビン酵素の補酵素として、重要な働きをしてくれます。また、糖質やたんぱく質の代謝と脂肪の分解・合成にも関わり、脂肪の摂取量が多ければそれだけビタミン B2の必要量も比例して増えてきます。
ビタミンB2は、美容のビタミンとも呼ばれ、皮膚や粘膜を保護し、肌・爪・髪の生育や体全体の抵抗力を強め、成長と生殖を助ける働きを持っています。
ビタミンB2が不足すると、脂っぽい肌になったり脂漏性湿疹ができてしまったりします。
さらに欠乏すると、舌に熱や痛みを伴う舌炎、唇が赤く腫れる口唇炎、眼精疲労、白内障、生殖器の炎症などの症状が現れてきます。 そして極めつけは、成長が停止してしまうことです。このため、口や目鼻、生殖器などの粘膜の健康が気になる人、妊娠中の女性や成長期の子供たちには、日頃から積極的に摂取してほしいビタミンです。

ビタミンB2ご利用上の注意点

ビタミンB2を過剰に摂取すると、かゆみや痺れなどの症状を伴う事があります。ただしビタミンB2は水溶性のため、過剰に摂取された分はすべて体外に排泄されることを考えると、このような症状は稀なケースといえます。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Leave a Reply