+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

ビタミンA

◎ビタミンAに期待される効果◎
皮膚の粘膜を守る、目の健康、鼻や喉の粘膜強化、免疫機能を高める、消火器を丈夫にする 等

ビタミンAとは

スポンサードリンク
ビタミンAとは、目のビタミンとも呼ばれる脂溶性ビタミンです。

ビタミンAの効能・効果

ビタミンAは、成長を促進し、視覚を正常に保ち眼の病気を予防したり、 皮膚や粘膜を強め、風邪などの感染症を予防する。さらに癌と戦うリンパ 細胞(免疫細胞)の働きを強化し、がんを予防する効果がある。 近年、ビタミンAの先駆体であるβカロチンは、細胞の癌化を促進させる活性酸素を抑える働きがあり、がん予防に効果があることで注目されています。
ビタミンAには「カロチン」と「レチノール」の2種類があります。カロチンは植物性で体内に入るとビタミンAに変わりますが、カロチンそのものにも抗酸化作用があり、動脈硬化や老化の予防に効果があるとされます。レチノールは動物性で、摂りすぎると食欲不振や吐き気などの悪影響を及ぼすため、できるだけカロチンから摂取することが望ましいとされます。

ビタミンAご利用上の注意点

ビタミンA剤を摂る場合には1日あたり6000IUが上限だが、βカロチンの場合は必要以上にビタミンAに変換されないため、過剰摂取の問題から解放されます。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

Comments are closed.