+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

ベータカロチン(βカロチン)

◎ベータカロチンに期待される効果◎
成長促進作用、抗酸化作用、アンチエイジング効果、動脈硬化・心筋梗塞の予防 等

ベータカロチンとは

スポンサードリンク
βカロテンとも言い、緑黄色野菜(ニンジンやブロッコリーなど)にたくさん含まれています。カロチノイドの一種であるこの物質は、『ベータカロチン』とも呼ばれ、体内でビタミンAが不足した時だけ、変身してくれる、とても優れた栄養素なのです。
ベータカロチンは、熱に強く油に溶けやすい性質を持っていますので、油で調理すると吸収率が上がります。また、サプリメントで摂るときには、αカロチンやリコピンなどの他のカロチノイドも含まれているものの方が効果がいいようです。

ベータカロチンの効能・効果

体内でビタミンAが不足した時には、βカロテンが必要なだけ変換されます。そのため、ベータカロチンは、肌や目の健康を維持する効能や健全な成長の促進など、ビタミンAの効果を全て持っています。また、抗酸化作用があり、体の老化を防ぐ効果があります。老化を食い止める事で、さまざまな疾病の予防につながります。βカロテンを摂取することは若さを保つ事にもつながるともいえます。
さらに、ベータカロチンには、悪玉コレステロールを減少させる効果があるので、血中脂質を正常な状態にしてくれます。βカロテンの効能により、動脈硬化や心筋梗塞などの疾病を予防する事になり、つながります。

ベータカロチンご利用上の注意点

βカロテンには、ビタミンAとしての副作用が出にくいので、過剰摂取による副作用が気になる方、特に妊婦さんや授乳中の方などの方は必ずベータカロチンで摂取するようにしましょう。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.