+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

アスタキサンチン

◎スタキサンチンに期待される効果◎
抗酸化作用、メラニン色素の沈着・生成を抑える、若返り(アンチエイジング)効果、動脈硬化抑制、痴呆症改善、ストレス抑制、皮膚機能の向上、不眠症予防、目の健康維持

アスタキサンチンとは

スポンサードリンク

アスタキサンチンはサケやイクラ、エビ、カニ、オキアミ、藻などに含まれる赤い色素成分でβ(ベータ)カロチンなどと同じカロチノイドのひとつ、キサントフィル類に分類されています。
アスタキサンチンは、病気や老化の原因になる活性酸素を消す力、つまり抗酸化力が非常に強く、海の生き物が持つ最強の抗酸化成分といわれています。その抗酸化力は、広く知られているβ-カロチンの約10倍、ビタミンEの約500~1000倍とも言われるほど強力だとされています。
近年、サプリメントやコスメティックなどにも利用されて話題を集めている新素材です。 このように、アスタキサンチンの応用は多方面に可能で、今後、多くの分野で役立つことが期待されています。

アスタキサンチンの抗酸化作用

アスタキサンチンは血中脂質の活性酸素を抑え、血管を若々しく保ち、免疫細胞を活性酸素から守ることで免疫力を高めます。アスタキサンチン自体がガンの増殖を抑制することも分かっています。トコトリエノール・ビタミンC・ビタミンEなどには細胞膜が酸化されるのを防ぐ作用があり、さらにウコン(クルクミン)・ローズマリー・セレンなどにも抗酸化作用があります。
水溶性・脂溶性の抗酸化物質を上手に組み合わせることでアスタキサンチンの効果が相乗的に持続性も向上します。その他にもアスタキサンチンには、ストレスにより免疫力が低下するのを抑える(アンチエイジング)効果があることが、動物実験の結果で明らかになっています。
アスタキサンチンとカロチノイドを組み合わせることにより、アスタキサンチンが備えている免疫作用が一層強化されることが期待されています。サケやエビ、カニなどの海産物に含まれるカロチノイドと、ニンジン、トマト、ホウレンソウなどの陸産物に含まれるカロチノイドの組み合わせが健康維持に大いに役立つということになります。

アスタキサンチンは脳にも効く

アスタキサンチンは体内において血液に乗り全身に運ばれることで抗酸化力を発揮します。アスタキサンチンは選ばれた物質しか通過できない血液脳関門を通過することが可能なのため、脳の活性酸素を撃退し、不眠症や痴呆症、記憶障害、脳の萎縮、脳出血、動脈硬化、脳梗塞、脳内の毛細血管の血行改善、眼の疲労回復活など、活性酸素が原因となって起こる病気の予防・改善の効果が期待できます。

アスタキサンチンはビタミンAに変わる

アスタキサンチンは人間の体内に取り込まれると、その一部が必要に応じてビタミンAに変化します。そのビタミンAが血液にのり全身に行きわたることで、目の機能を正常に保つ、肌のかさつきを防止する、粘膜を強くして、かぜなどの感染症やガンを予防するなどの働きがあります。

アスタキサンチンの健康効果一覧

・脂質の酸化防止
・悪玉コレステロール(LDL-コレステロール)の低下
・動脈硬化の予防・改善
・糖尿病性白内障の進行抑制
・ストレス等による皮膚の免疫力低下の抑制
・紫外線による皮膚の酸化損傷防止
・不眠症予防
・眼精疲労の回復
・痴呆症改善
・シミ、シワの予防
・美肌・美白効果(メラニンの抑制)
・心臓病予防
・老化防止(アンチエイジング効果)
・抗炎症効果
・冷え性対策
・黄斑変性症の進行抑制
・発ガン抑制効果
・目、脳、肝臓、筋肉、精子、皮膚
  などの機能向上

アスタキサンチンの抗酸化力の比較

アスタキサンチンは、活性酸素の中でも特に毒性が強い一重項酸素に対する酸化反応と、体の組織を連鎖的に障害していく過酸化脂質の生成を抑制する効果に優れていることが分かっています。特に、一重項酸素の酸化に対してはビタミンEの1000倍程度、ベータカロチンの 40倍以上の抑制効果が認められています。

アスタキサンチンと他のカロチノイドとの一重項酸素抑制効果の比較
*ビタミンEの約1000倍  *β-カロチンの約40倍  *リコピンの約10倍

アスタキサンチンで動脈硬化改善

LDLコレステロールは、活性酸素により酸化されると悪玉コレステロールに変化し、血管壁にたまって動脈硬化の原因となります。アスタキサンチンは、 LDLコレステロール酸化を強力に抑制するため、動脈硬化の予防に効果があります。血液中の脂質が必要以上に増えた状態は血液の流れが悪くなり動脈硬化の進行を早めることが分かっています。アスタキサンチンは脂肪に溶ける性質(脂溶性)を持っているため、脂肪細胞の中に入り込んで活性酸素を消去し、脂肪でドロドロになった血液をサラサラにする効果があります。

年齢と共に減少してしまう抗酸化物質

人間の身体の中には、活性酸素を排除・抑制する抗酸化酵素が存在しています。その代表がSOD、カタラーゼ、グルタチオンペルオキシタ-ゼです。この抗酸化酵素は年齢とともに体内での生産量が減少していきます。SODは20才を境に生産がストップしてしまいます。このことからも、健康を維持するためには20才を過ぎたあたりからは、特に抗酸化作用の高い食品を積極的に摂る必要があり、抗酸化作用を持つアスタキサンチンが注目されてきています。

アスタキサンチンの様々な効果

アスタキサンチンで美肌効果

以上のように、亜鉛の効用は様々ですが、摂りすぎた場合に体に毒ではないか?と心配される方もいらっしゃるかもしれません。しかし実際には亜鉛はミネラルのうちで最も毒性が低く、1日50mg~100mgを摂り続けても問題はないとされています。ただし、1日50mgの亜鉛を摂り続けると、銅の吸収を妨げ、銅欠乏性の貧血を招く可能性があるとの報告例もありますので、その点には注意が必要です。

アスタキサンチンで紫外線(UV)をブロック

アスタキサンチンの研究はまだ始まったばかりであり、日々前進している状態ですが、その効果については解明されていない点がことも事実です。その効果の一つとして、アスタキサンチンは紫外線(UV)ブロックの用途を果たすのではないか、という女性にとっては非常にうれしいうわさも出ています。動物実験の結果から得られたデータによる推測でしかありませんが、この技術が人間に応用されることで、近い将来アスタキサンチンの新たな美肌効果が話題としれません。紫外線を身体の内側から抑制するようなサプリメントも開発されることになるでしょう。

アスタキサンチンで疲労回復

アスタキサンチンは、ニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜に多く含まれるベータカロチンと同じカロチノイド系色素の一つです。しかも他のカロチノイド系色素とは違い、自らの化学構造を変化させることなく活性酸素を通常の酸素に戻すことが可能なため、強力かつ安全な天然の抗酸化物質です。
スポーツなどの過激な運動により、体内には大量の活性酸素が発生することになります。アスタキサンチンは、これらの活性酸素から体を守り、疲労を回復し、元気を取り戻す作用があります。

アスタキサンチンでアレルギー改善

アスタキサンチンは、ビタミンA群の一種であるアレルゲンに反応して作られたヒスタミンを無毒化する働きがことが分かってきました。ヒスタミンはアレルギーによって起こる各部の炎症やかゆみの主原因であり、今の日本の医学によるアレルギー改善方法としては、抗ヒスタミン剤によるヒスタミン量の低減か、ステロイド剤による炎症抑制が主流となっています。
アスタキサンチンを摂取することにより、抗ヒスタミン剤のような眠気などの副作用もなく、ヒスタミンの分泌量を抑制することがため、身体に優しいアレルギー改善方法として注目されています。花粉症のかゆみや、掌せき膿胞症の骨の痛みなどは、ヒスタミンが末梢神経を刺激して脳にかゆみや痛みとして知覚させているもので、ヒスタミンを無毒化してかゆみや痛みを減らすことができるアスタキサンチンのサプリメントは、アメリカでは非常にポピュラーで人気があります。

アスタキサンチンで不眠症改善

アスタキサンチンには、正常な睡眠リズムを維持する作用があることが、最近の研究により明らかになりました。生活リズムで、睡眠と覚醒については、脳内のメラトニンという物質が深くかかわっていることが研究でわかっています。メラトニンが夜になると分泌されることで眠気を催し、朝になると分泌が止まって覚醒します。徹夜を続けるなど不規則な生活をしていると、よく眠れなくなり体調がすぐれなくなることがありますが、それはメラトニンの分泌と酸化に深く関わりがあります。アスタキサンチンの強い抗酸化力によって、睡眠を調節しているメラトニンの酸化を防ぐ作用があること明らかになってきたことから、不眠症や時差ボケへの効果が期待されています。

アスタキサンチンによる視力回復

リンゴの切り口が茶色くなったり、鉄が錆びたりする現象は、物質の酸化によるものです。酸化とは物質が酸素と結びつく現象を指しますが、実はこの現象が人間の身体の細胞内でも起こっています。この酸化が目で発生することにより、白内障や緑内障が発生します。紫外線が目に大敵であることは知られています。
紫外線が網膜の中に多量の活性酸素を生み出して、目に炎症を起こしたり、網膜を傷つけることが原因です。活性酸素が増える原因は紫外線だけではありません。現代社会においては、ストレス、大気汚染、タバコ、そしてディスプレーを長時間見る事でも活性酸素は大量発生します。そこで、強力な抗酸化効果があるアスタキサンチンを摂取することにより、体内の活性酸素を抑制し、目を病気から守ることが必要となってきます。

アスタキサンチンの摂取方法

アスタキサンチンは主に海産物を中心に含まれていますが、その数が希少であるため、食事から満足に摂取することは難しいといえます。アスタキサンチンの摂取方法としては、サプリメントで摂ることが効率的で望ましいといえます。最近になりようやくアスタキサンチンに関するサプリメントが出回ってきましたので、その効果を試してみたい方は購入してみてはでしょうか。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.