+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

アルギニン

◎アルギニンに期待される効果◎
体内の活性化、免疫反応の強化、筋肉の強化等

アルギニンとは

スポンサードリンク
アルギニンは天然に存在するアミノ酸のひとつで、成長ホルモンの合成に関与しています。
アルギニンは体内でグルタミン酸から生成されますが、それだけではアルギニンの必要摂取量に満たない考えられているため、不足分を体外から摂取する必要のある準必須アミノ酸と呼ばれています。特に子供の場合は必要十分な量のアルギニンを合成できないため、子供にとってアルギニンは必須アミノ酸と同じように、成長期には外部からの摂取が必要とされます。
アルギニンを多く含む食品には、子牛肉、鶏肉、牛乳、えび、きゅうり、マカ、大豆、ごま、レーズン、玄米、チョコレート、オートミール、ナッツ類などがあげられます。アルギニン摂取時には、ビタミンB6と共に摂取するると効果的だといわれています。

アルギニンの効能・効果

アルギニンは主に成長ホルモンの分泌に大きく関係しています。体内の活性化、免疫反応の強化、筋肉の強化などに効果があるとされています。
成長ホルモンには、体を活性化して、免疫機能を強化する働きがあるとされているので、アルギニンを摂取することで、免疫機能が強化されて病気にかかりにくく、怪我の治りが早くなるとされています。また、脂肪の代謝を促進して筋肉を強化する働きもあるとされているので、栄養補助剤などのサプリメントにも利用されていることが多いです。

アルギニンご利用上の注意

アルギニンは動物の生体内に存在し、重要な役割をしている安全性の高い素材で、現在、重大な害となる作用は報告されていません。
ただ、過剰摂取すると胃炎になったり、下痢などの症状を起こす人もいるようです。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.